弁護士 平哲也法律事務所


所属弁護士紹介


弁護士 平 哲也

弁護士 平 哲也

思春期の頃、「巨悪は眠らせない」という検事の言葉に漠然とした憧れを持ち、法学部を選び、進学しました。
大学に進んでからは、ボランティアで知的障害のある方の作業所に行くサークルなどに参加したこともあり、やはり現場や人のそばで働くことの方が、自分にとってやりがいのある事ではないかと思い、弁護士の道を選択しました。司法試験の勉強中は、憲法、刑事訴訟法等の公法系に興味を感じていましたが、実際、弁護士になってみて、関心、行動範囲は広がりました。

民事事件、家事事件、会社関係事件の中でも、その人、会社の悩み、問題を解決していくことはやりがいのあることで、事件の種類を問いません。その中で、不合理を正すこと、依頼者を守ることは自然と熱が入ります。依頼者とは、気楽に、気さくに話すとき、真剣、深刻に話すとき、様々ですが、伴に解決策を考え、励まし、実行し、解決できたときはとても充実感があります。

弁護士になって以来、業務以外の弁護士会を通じた活動にも力を入れています。特に最近では、他業種、他の専門職などの方たちと広いネットワークを作ることに取り組んでいます。これによって、さらに市民と身近になり、また、解決にあたって様々な分野の方と一緒に取り組むこともできるようになっています。

もともと好奇心が強く、新しいことに取り組むことが好きです。また、難しい問題など、ピンチの方が張り合いを感じるところもあります。今後も、自分のスキルアップを図りながら、多種多様な問題に取り組んでいきたいと思っています。

弁護士 二岸 直子

弁護士 二岸 直子

新潟では、まだ女性弁護士が少ないため、とくに女性からの相談を受けることが多いです。

受任した事件については、きちんと依頼者の話を聞き、1つ1つ丁寧な仕事をしていきたいと思っています。


トップページに戻る
スマホ対応サイトのご案内
相談予約
お問い合わせ
サイトマップ
025-233-4115

個人情報保護方針サイト利用規約
© Tetsuya Taira Law Office.